PadmaRiAmrita

YOGAを伝えている ria のブログ

one love.

ラスタファリ運動は知らなくても、レゲエとレゲエの神様 ボブ・マーリー ,
そしてこの“one love”という曲は皆知ってるよね。

One Love! One Heart!
Let's get together and feel all right.…


   

先日、逗子のCINEMA AMIGOでボブ・マーリードキュメンタリー映画、ルーツオブレジェンドを観て来ました。

レゲエという音楽を世界に広め、血で血を洗う政治抗争が繰り広げられていたジャマイカの歴史を変えた人物。
はっきり言ってこのドキュメンタリー映画を観るまでは、“レゲエ、いいよね、愛だね” “ボブマーリーかっこいい”ぐらいの軽いノリ。

観終わった今の感想→ ボブ・マーリーすげえ。。。
しかもただの“かっこいい”じゃすまされない。
ほんっとに超カッコイイ、魅力的な男性です

惨い政治抗争が続く中、敵対する二大政党の党首を自身のコンサートでステージ上に招き、和解の握手をさせたことはうっすらと知ってはいたけれど
何故政治抗争に関わったのか、何故和解の握手をさせることが可能だったのか
そもそもボブがレゲエという音楽にどのようにして出会い、

どのようにして世界へと広がって行ったのか

恥ずかしながら全然知りませんでした。

ボブのインタビュー映像や言葉、家族友人恋人バンド仲間達からの証言から浮かび上がるその軌跡。

彼は家庭がありながら妻以外に恋人を持ち、それを妻も公認しているのですが
他に恋人がいたとしても関係ないわ、ボブに愛されるなんて幸福だわ!
と思わせてしまう魅力満天です。笑

その生き方、根底に揺るぎない愛がある。

コンサート中に催涙ガスが投げ込まれ、ステージ上に立っていた仲間達が逃げ出す中、

彼ひとり残って唄い続けていたその姿。
自分の命は惜しくない、、、
それは自分自身を軽視しているのではなく
この自分の命が他の人々の役に立つなら捧げよう
という大きな愛。

これからは、前とは異なる気持ちでボブの歌を聴けそう。


この“ルーツ オブ レジェンド”、シネマアミーゴでは今週の金曜日10/5まで上映しています。
アミーゴでは飲み物を飲んだり食事をしながら映画を楽しむことができます。
この日はいつもの一番前のソファ席に座りハーブティーを飲みながら、まるで自宅のリビングのように寛ぎながら観ました。
ご飯も美味しいよ~

アミーゴのHPはこちら→CINEMA AMIGO


これから上映される映画も観たいものばかり。
映画鑑賞の秋となりそうです。